<超難度技>特集ビデオ
Presented by JKA(Japan Kendama Association)

TOP PLAYERS TOURNAMENTS TYPES INDEX JKA TOP

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


技名 回転のこぎり
解説 スクランブル回転から逆向きの扇風機(空中技)でけんに持ち替え、 (けん玉を回転させながら手のひらを糸に当て、けん玉が数回転する間に 徐々に糸のけんに近い部分に移動させ、最後にけんをつかむ) 横方向へ天中殺の要領で中皿キャッチする。
演技者 山田健太郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
スクランブル飛行機、扇風機(空中技)

技名 かかしうぐいすけん
解説 左手を左に水平に上げ、左足をあげ、右足のひざの下に
クロスした状態でうぐいす〜けんを決める。
演技者 山木弘行
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
うぐいす〜けん

技名 掛け軸返し一回転飛行機
解説 人差し指を大皿のふちに下からあてがい、
下に下げた玉を引き上げ、玉を取り
一回転してけん先を玉の穴で受ける。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
掛け軸返しとめけん、一回転飛行機

技名 掛け軸返しふりけん
解説 大皿の下の部分に人差し指をかけて構える。(掛け軸返しとめけんのかまえ)玉を前に振り、一回転したけんをキャッチし、一回転した玉の穴をけん先で受ける。
演技者 重木洋
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
掛け軸返しとめけん

技名 かざぐるま
解説 下に下げた玉を引き上げる間に人差し指を中心に
けんを回してから中皿に乗せる。
玉を浮き上がらせ、同様にけんを回して中皿で受ける。
玉を浮き上がらせ、同様にけんを回して
玉の穴をけん先で突き刺す。
風車中皿〜(風車)〜中皿〜(風車)〜けん
演技者 向来武浩
開発者 曽我明徳
事前に出来ることが
望ましい技
風車中皿、風車ふりけん

技名 花鳥風月
解説 円月殺法のように振り出し、けんを取り、背面を通してけん玉を投げ、一回転してきたけんを取り、ふりけんを決める。
演技者 西田満
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
円月殺法

技名 KAMIKAZE(三回転宇宙遊泳)
解説 空中で三回転させた宇宙遊泳。
演技者 嶋寺克彰
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、稲妻落とし


技名 京都タワー
解説 ろうそくを頭上で決める。
この際ひじを曲げてはならない。
演技者 橋詰武顕
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
ろうそく


技名 クイックトリック
解説 稲妻落としから扇風機(空中技)を行い
玉つきさしの要領で中皿で玉を取り、
空中で玉に持ち替えて灯台を決める。
演技者 山田健太郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
稲妻落とし、扇風機(空中技)、玉つきさし

技名 空中ごま
解説 中皿の持ち方で玉を手で中皿に乗せる。けん先と中皿を結ぶ軸を中心にけんを一回転させ、再びキャッチし、玉を中皿で受ける。(玉は皿から浮いてもかまわない。)
演技者 杉丸勝郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
中皿

技名 グランドクロス
解説 左手から右手へけん玉を渡してから(ハレー彗星)
宇宙遊泳、半回転させけんに持ち替える、
半回転させ玉に持ち替えながら足の下を
けん玉に通過させ(フラミンゴ)、
さらに半回転させけんに持ち替え
ヌンチャク飛行機を決める。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
フラミンゴ宇宙遊泳、ヌンチャク飛行機


技名 月面着陸〜うずしお灯台
解説 月面着陸を決め、けんを浮き上げ手前に
回転させ、けん先を玉の穴で受ける。
けん玉全体を浮かせ、人差し指を糸のわっかに入れて、
そのままうずしお灯台を行なう。
演技者 重木洋
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
月面着陸、うずしお灯台

技名 月面着陸〜うずしおふりけん
解説 月面着陸を決め、けんを浮き上げ手前に
回転させ、けん先を玉の穴で受ける。
けん玉全体を浮かせ、人差し指を糸のわっかに入れて、
そのままうずしおふりけんを行なう。
演技者 重木洋
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
月面着陸、うずしおふりけん

技名 月面着陸とんぼ返り
解説 月面着陸から灯台とんぼ返りのように
けんを一回転させ月面着陸状態で
決める。
演技者 塚口真穂登
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
月面着陸、灯台とんぼ返り

技名 けん先極意(東京タワー)
解説 けんを持ち、下に下ろした玉をまっすぐ上に引き上げ、玉の穴がけん先に少しだけ入った状態で引っ掛けるようにして静止させる。
演技者 向来武浩
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
とめけん、うぐいす


技名 コークスクリュー720
解説 まず、飛行機を決める。
次に、左手をけんの皿のふちにあてがい、
手前に引きひねり回転を与えながら、
はねけんのように手前方向に回転させる。
一回転し、二回転以上ひねり回転したけん先を玉の穴で受ける。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
はねけん、きりもみ




Copyright 2005 (C) JKA (Japan Kendama Association). All Rights Reserved.
本サイトで使用している文章・映像等の無断での複製・転載を禁止します。
全ての著作権はNPO法人日本けん玉協会に属します。

このコーナー「<超難度技>特集ビデオ」に関する お問い合わせはこちらまでお送りください。