<超難度技>特集ビデオ
Presented by JKA(Japan Kendama Association)

TOP PLAYERS TOURNAMENTS TYPES INDEX JKA TOP

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


技名 サテライトキャッチ
解説 中皿から遠心力で玉を落とさずに回転、
そのまま玉を逆手状態から空中に上げ
玉つきさしの要領で中皿で玉を取る、を繰り返す。
演技者 山田健太郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
遠心力、玉つきさし

技名 三回転つばめ返し
解説 大皿に乗せた玉を空中に上げ、
玉の周りにけんを三回まわし、
再び大皿で受ける。
演技者 千葉雄司
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
つばめ返し

技名 三地点制覇
解説 頭上で、水平状態でスクランブル回転
(玉を中心にけん玉をまわし、
糸を避けるように玉から手を離し
即座に再びキャッチし回転を続ける)
を行い、、背面でスクランブル回転を行い、
前方で水平状態でスクランブル回転を行い、
2回以上指に糸を巻きつけてから飛行機を決める。
演技者 山田健太郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
スクランブル回転

技名 斬鉄けん
解説 刀を鞘に収めているような状態で構える。
けんを後ろから投げ出しけんを中心に空中で一回転させ、
けんを持ちヌンチャク飛行機を決める。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
ヌンチャク飛行機


技名 十字ジャンプ灯台
解説 玉を持ち、けんを下に下ろした状態からけんを引き上げ、左手の指に糸を引っ掛け、できたわっかの部分に大皿をひっかけ、けんを空中に浮いているように見せる。そこからけんをそのまま上にあげ、灯台で受ける。
演技者 山木弘行
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
灯台

技名 女王様
解説 ろうそく持ちで構え、空中でもしかめ持ちに
変え玉つきさしを決める。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
玉つきさし

技名 新トルネード宇宙遊泳
解説 トルネード宇宙遊泳の最後をやまびこ返しで行なう。
玉をけんに入れた状態で糸の真ん中あたりに
人差し指を入れ、 人差し指を下にした状態で
けん玉を水平方向に数回転させる。
その状態で人差し指を上に向け、
頭上でけん玉を水平方向に 数回転させる。
人差し指に巻きついてきた玉をキャッチし、
けん玉を水平方向に 一回転させてけん先を玉の穴で受ける。
(やまびこ返し)
参考技:渦潮渦巻き宇宙遊泳
演技者 向来武浩
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、やまびこ返し、うずしお、渦巻き、トルネード宇宙遊泳


技名 スイッチバック
解説 利き手でけんを持ち、逆の手の上に玉を乗せ糸を張った状態から始める。玉を手から投げ出し、1周してきたところで糸の中ほどに手を入れ、けんを持っていた手を離し玉に持ち替える。 次にジャンピングの動作を行うが、糸が上に来た時に利き手ではない方の手を回転方向に入れ、90度回転を変えジャンピングを行う。同じ要領で糸が上に来た時に利き手を回転方向に入れ、90度回転を変えジャンピングを行い、最後は玉にけんに入れる。
演技者 山田健太郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、ジャンピング宇宙遊泳

技名 スーパー腕がらみフラミンゴ宇宙遊泳
解説 宇宙遊泳の要領でけん玉を空中に投げ、
けんに近い糸の部分を手首にあてがいながらけん玉を数回転させ、玉をキャッチし、右足、左足の下をけん玉を回転させながら通して最後に玉を持って飛行機を決める。
演技者 田中秀樹
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、フラミンゴ宇宙遊泳

技名 スーパージャンピング宇宙遊泳
解説 宇宙遊泳の要領でけん玉を空中に投げ、
手首の内側に糸を引っ掛けて回転
(ジャンピング)させる。回転動作の後手首を
支点に八の字旋回を行い宇宙遊泳を決める。
演技者 橋詰武顕
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
ジャンピング宇宙遊泳、手首による八の字旋回

技名 スーパージャンピングフラミンゴ宇宙遊泳
解説 スーパージャンピング宇宙遊泳の最後の部分に
フラミンゴを加え宇宙遊泳で決める。
演技者 橋詰武顕
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
スーパージャンピング宇宙遊泳、フラミンゴ

技名 スーパースクランブル飛行機
解説 飛行機の途中で玉を放し、回転した玉をすばやくキャッチし、
飛行機の持ち方に戻す行為を続ける(スクランブル回転)。
その後、糸を指に2回巻きつけ飛行機を決める。
演技者 窪田保
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
スクランブル飛行機、スクランブル回転

技名 スーパーフラミンゴ宇宙遊泳
解説 宇宙遊泳の要領でけん玉を空中に投げ、
けん玉を両足の下を連続で
通し宇宙遊泳を決める。
演技者 橋詰武顕
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、フラミンゴ

技名 スーパーフラミンゴけん玉ルック
解説 宇宙遊泳の要領でけん玉を空中に投げ、
フラミンゴを両足連続で行いけん玉ルックを決める。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、フラミンゴ

技名 スーパーフラミンゴ3回連続
解説 スーパーフラミンゴを連続で3回行ってから宇宙遊泳を決める。
演技者 橋詰武顕
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
スーパーフラミンゴ宇宙遊泳

技名 スーパー横はねけん
解説 横はねけんの2回転版。
玉にけんをさした状態で、玉を持ち、水平に構え、
けんを水平方向に二回転させてからけん先を玉の穴で受ける。
演技者 hidenori
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
横はねけん

技名 スクランブル回転〜中皿
解説 スクランブル回転を行なった後、けんに持ち替えて
前ふり中皿を決める。
演技者 窪田保
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
前ふり中皿、スクランブル回転

技名 砂時計
解説 親指と人差し指で中皿の淵をつまみけん先を
下に向けて構える、玉を上に上げると同時に
指を滑らせてけん先を上に向けとめけんを決める。
演技者 hidenori
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
とめけん

技名 スピニング宇宙遊泳
解説 スクランブル回転中に玉を持ち手首に糸を巻きつける。
その後逆方向に力を加えけんを逆方向に回転させる
(スピニング)。次に糸の下に手を入れ支点とし、けん玉全体を
回転させ玉からけんに持ち替える(扇風機(空中技))。
最後に宇宙遊泳を決める。
参考技:スーパースクランブル飛行機、スクランブル回転〜中皿。
演技者 窪田保
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、スクランブル回転、扇風機(空中技)

技名 スペースひっつき虫
解説 宇宙遊泳の最後の部分をひっつき虫に変える。
演技者 嶋寺克彰
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、ひっつき虫


技名 聖火点灯
解説 飛行機を決めてから、はねけんの要領でけんを一回転させる。
一回転してきたけんをろうそく持ちで
取りろうろくを決める。
演技者 曽我明徳
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
はねけん、はやてろうそく、回転はやて中皿

技名 聖火点灯
解説 飛行機を決めてから、はねけんの要領でけんを一回転させる。
一回転してきたけんをろうそく持ちで
取りろうろくを決める。
演技者 橋詰武顕
開発者 曽我明徳
事前に出来ることが
望ましい技
はねけん、はやてろうそく、回転はやて中皿

技名 正座して中皿金魚すくい
解説 正座した状態で中皿金魚すくいを行なう。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
金魚すくい、中皿金魚すくい

技名 旋回腕がらみ宇宙遊泳
解説 宇宙遊泳を腕部分で取り腕に巻きつけながら
飛竜のぼりけんの、のぼり状態の要領で腕を中心に
けん玉を回転させる。
最後に宇宙遊泳を決める。
演技者 向来武浩
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、飛竜のぼりけん

技名 扇風機中皿
解説 まず、前ふり中皿を行なう。
次に、玉を左後方に投げ、けんに近い
位置の糸に手のひらを上からあてがい
けん玉を回転させる。数回転させるうちに
自然に徐々に手のひらが玉に近づく。
玉に一番近い位置の糸に手のひらをかけ、
手首を返して今度は右後方にけんを投げるように回転させる。
今度は数回転させるうちに自然に徐々に
手のひらがけんに近づく。
最後にけんをキャッチし、中皿で受ける。
演技者 岡田貴文
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
扇風機(空中技)、中皿




Copyright 2005 (C) JKA (Japan Kendama Association). All Rights Reserved.
本サイトで使用している文章・映像等の無断での複製・転載を禁止します。
全ての著作権はNPO法人日本けん玉協会に属します。

このコーナー「<超難度技>特集ビデオ」に関する お問い合わせはこちらまでお送りください。