<超難度技>特集ビデオ
Presented by JKA(Japan Kendama Association)

TOP PLAYERS TOURNAMENTS TYPES INDEX JKA TOP

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


技名 大車輪しまいけん
解説 上、正面で高速に八の字旋回を行ってからしまいけんを決める。
演技者 hidenori
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
八の字旋回、しまいけん

技名 ダブルクラッチ
解説 もしかめ持ちで玉を中皿に乗せた状態から始める。玉を空中に飛ばしている間にけんを完全に手から離して一回転させる(つむじ風)。玉を太ももでリフティングした後再びつむじ風を行い中皿を決める。
演技者 窪田保
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
つむじ風、リフティング

技名 ダブルフラミンゴ宇宙遊泳
解説 けんを中心にけん玉を空中で回転させる、次に投げ出す際にフラミンゴを行い宇宙遊泳を決める前にもフラミンゴを行う。
演技者 橋詰武顕
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、フラミンゴ


技名 中皿キャッチ〜灯台
解説 とめけんの持ち方で中皿に乗せた玉を空中に上げ、玉つきさしの要領で上から下にすばやくおさえるようにして再び中皿ですくい取る。その後けん玉を前に持ってきて手首を返し空中で玉に持ち替え灯台を決める。
演技者 窪田保
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
玉つきさし風中皿

技名 中皿金魚すくいレベル1
解説 中皿金魚すくいを行う際、遠心力に比重を置き決める。足が動いても良い。手首を返してけんを巻き込むようにして玉をすくっても良い。
演技者 嶋寺克彰
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
金魚すくい

技名 中皿金魚すくいレベル3
解説 中皿金魚すくいを行う際、直進する力に比重を置き決める。足が動いてはいけない。手首を返してけんを巻き込むようにして玉をすくってはいけない。
演技者 嶋寺克彰
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
金魚すくい

技名 中皿遊泳4回リフティング
解説 けんを持ち、空中で一回転させたけんをキャッチ後、玉を太ももの上で右→左→右→左と4回リフティングさせた後、中皿の上に乗せる。
演技者 小川敏彦
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
リフティング大皿(中皿)、中皿遊泳


技名 つるしうらふりけん
解説 つるし状態からうらふりけんを決める。(けんも裏方向に一回転させる)
演技者 向来武浩
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
うらふりけん、つるし技

技名 つるしこゆびひめ
解説 つるし状態からこゆびひめを決める。
演技者 hidenori
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
こゆびひめ、つるしふりけん

技名 つるし天中殺
解説 つるし状態から天中殺を決める。
演技者 渡辺岳志
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
つるしとめけん、つるしうらふりけん、天中殺

技名 つるし二回転けん玉ルック
解説 つるし状態からけんを二回転させ、けん玉ルックを決める。
演技者 重木洋
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
つるし状態からけんを二回転させること、けん玉ルック

技名 つるしやまびこ返し
解説 つるし状態からやまびこ返しを決める。
演技者 向来武浩
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
やまびこ返し、つるし技

技名 つるしろうそく〜岡田式ろうそく返し
解説 つるし状態からろうそくを決める。その後けん玉を空中に投げ、けんを向こう側へ回転させてろうそく返しを決める。通常はけんの中皿を選手側に倒して回転させることが多かったが、岡田選手はけんを向こう側へ倒して回転させてろうそく返しを行なったため、けんを向こう側へ回転させて決めるろうそく返しを通称、岡田式ろうそく返しと呼ぶ。
演技者 向来武浩
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
ろうそく返し


技名 手のひら飛行機
解説 手のひらの上にけんと玉をおいた状態(けん先を向こう側に向ける)から、
けん玉を上に浮かせ、玉をキャッチし、
けん先を玉の穴で受ける。
演技者 丸石照機
開発者 丸石照機
事前に出来ることが
望ましい技
飛行機、はねけん

技名 手のひら飛行機
解説 手のひらの上にけんと玉をおいた状態(けん先を向こう側に向ける)から、
けん玉を上に浮かせ、玉をキャッチし、
けん先を玉の穴で受ける。
演技者 石橋創
開発者 丸石照機
事前に出来ることが
望ましい技
飛行機、はねけん

技名 手乗り文鳥
解説 飛行機からけんを回転させ小皿の淵に指をかける。そこから指でけんに回転を加え一回転飛行機を決める。
演技者 hidenori
開発者 矢野博幸
事前に出来ることが
望ましい技
一回転飛行機

技名 天中殺〜うら地獄車
解説 まず、天中殺を決める。
けん先を下に向けた状態で玉を手前から
向こう側へ一回転させ、けん先を上から下に突き刺す
ようにして、玉の穴をけん先に入れる。
演技者 原田真介
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
天中殺、地球まわし


技名 とめけん〜一回転さかおとし
解説 まず、とめけんを決める。
けん玉を空中に投げ上げ、玉をキャッチして一回転半してきたけんの
けん先を玉の穴で受ける。
演技者 田中秀樹
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
とめけん、つるし一回転飛行機

技名 とめけん〜ひっつき虫
解説 とめけんを行った後、空中で玉に持ち替えひっつき虫を決める。
演技者 嶋寺克彰
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
とめけん、ひっつき虫

技名 ドラゴン宇宙遊泳
解説 宇宙遊泳のようにして玉を手のひらでうけ、けん玉を半回転させそのままフラミンゴ(右足の下を通す。)次に玉を持ち八の字旋回をはさみ、扇風機(手のひらを糸に当て、けん玉全体を回転させながら徐々に糸のけんに近い部分に当て、最後にけんをつかむ)最後に宇宙遊泳を決める。
演技者 杉丸勝郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、フラミンゴ、八の字旋回飛行機、扇風機(空中技)

技名 トリプルアクセル
解説 背面から宇宙遊泳、フラミンゴ、ヌンチャク飛行機を決める三連続技。
演技者 嶋寺克彰
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、フラミンゴ、ヌンチャク飛行機

技名 トルネード宇宙遊泳
解説 うずしおを行い、続いて頭上で水平面内で渦巻きを行う。宇宙遊泳の形になったところを決める。参考技:渦潮渦巻き宇宙遊泳
演技者 向来武浩
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
宇宙遊泳、うずしお、渦巻き




Copyright 2005 (C) JKA (Japan Kendama Association). All Rights Reserved.
本サイトで使用している文章・映像等の無断での複製・転載を禁止します。
全ての著作権はNPO法人日本けん玉協会に属します。

このコーナー「<超難度技>特集ビデオ」に関する お問い合わせはこちらまでお送りください。