<超難度技>特集ビデオ
Presented by JKA(Japan Kendama Association)

TOP PLAYERS TOURNAMENTS TYPES INDEX JKA TOP

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


技名 八汐一回転灯台
解説 玉に中皿を接触させた状態で糸の真ん中を持った
状態で構える。けん玉を上に投げ、玉を取って、一回転
してきたけんを灯台で受ける。
演技者 八汐憲恭
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
つるし一回転灯台

技名 八汐ふりけん
解説 玉に中皿を接触させた状態で糸の真ん中を持った
状態で構える。けん玉を上に投げ、けんを取って、一回転
してきた玉をけん先で受ける。
演技者 八汐憲恭
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
ふりけん、つるしとめけん

技名 やる気なし金魚すくい
解説 うつぶせ状態で金魚すくいを決める。
演技者 嶋寺克彰
開発者 不明
事前に出来ることが
望ましい技
金魚すくい

技名 ゆりかご
解説 すべり止め持ちから始め、1周はけんにのみ、2週目は人差し指と小指にも糸をかけながらけんに糸を巻きつける。右手の人差し指で巻きつけた糸が落ちないよう固定し、左手で糸の輪を広げる。左手を糸からはずし右手の支えている人差し指を離し糸の上に玉を乗せる。
演技者 山田健太郎
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
特になし

技名 四つ打ち
解説 まず、大皿に乗せる。
玉を浮かせ、けんじり、うらけんじり、けんじり、うらけんじりと
連続して当て、再度大皿で受ける。
演技者 下河原建太
開発者
事前に出来ることが
望ましい技
大皿、まえうち、うらうち、二度打ち、三つうち




Copyright 2005 (C) JKA (Japan Kendama Association). All Rights Reserved.
本サイトで使用している文章・映像等の無断での複製・転載を禁止します。
全ての著作権はNPO法人日本けん玉協会に属します。

このコーナー「<超難度技>特集ビデオ」に関する お問い合わせはこちらまでお送りください。